日本語教師に必要とされる資格とは

日本語教師となるにあたっては、医師や弁護士、小学校教諭などのように、特定の国家試験に合格したり、一定の期間にわたって実務経験を積んだりするなどの法律上の義務付けはありません。

これはあくまでも法律上はないというだけであって、実際に日本語学校や国際機関などに就職するにあたっては募集要項に資格要件が掲載されているのが普通です。したがっていくら日本語教師になりたいという希望を持っていたとしても、資格要件を満たさなければ門前払いとなってしまいますので、まずは資格取得に向けた学習が必要ということになります。

具体的な資格要件についてですが、通常は大学で日本語教師を養成するための学科やコースを選考して卒業したか、あるいは日本語教育能力検定に合格したかというのが一般的なところです。

これ以外であれば日本語教師の養成コースと同様の420時間のカリキュラムを履修したことがひとつの目安となります。いずれも日本および世界の文化や社会についての知識を持っていること、および言語学や音声学、教育学、心理学などの関連分野での知識を持っていることが重要です。

日本語教育能力検定試験はこれらの知識が十分かどうかについて判断する上での参考材料となります。したがって就職をするにあたっても、この日本語教育能力検定試験に合格していることを掲げているケースはきわめて多いといえますので、大学を卒業して就職をする前に取得しておくのがよいといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です