日本語教師になるための資格とは

近年グローバル化が進む中、海外の人たちが日本語を学ぼうとする機会も増えつつあります。

特に東南アジアの多くの国では学習者も多く日本語教師を募集する求人は日に日に増えているようです。何となく「日本人は当たり前に日本語を話して生活しているから誰でも日本語教師になれるのでは」という気もしてしまいますが、実は多くの採用求人には条件が付いています。

特に多いのは日本語教師を養成する講座に一定時間以上修了していることと、日本語教育能力検定試験という検定に合格して資格を有していることです。大学や公的機関で日本語教師として働きたい場合は大学日本語教育課程の主・副専攻修了も条件に加えられます。

講座では主に知識と実際の教え方、検定では専門的な日本語の知識、日本語教育課程ではより理論的な知識を得ていくこととなり、どれも教える側に立つうえではなくてはならない知識になります。

講座や教育課程は学校へ通わなければ学ぶことができませんが、資格に関しては参考書さえあれば自宅学習が可能です。独学でなくとも通信講座などもあるのでそちらを利用するのも一つの手と言えるでしょう。

ただ、専門的な知識は学べても「どのように教えれば効果的か」という実践的な部分までは資格で補うことができないので、多くの日本語教師を目指す人たちは実際に働き始めてから苦労をしないように、養成講座を受けながら検定合格のための勉強をしているというパターンが大半です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です