日本語教師の資格を取得する時の注意点

日本を訪れる人が年々増加する中で、日本に興味を持ち日本語を学びたいという人も増えています。

そのため、日本語教師の需要も増加傾向にあるため、資格を取得すればライフスタイルや自分の希望する働き方で仕事を得ることができる可能性が非常に高く人気の資格となっています。

日本語教師の資格を取得する方法は大きく2種類あり、試験に合格するか、一定時間のコースを履修することが必用です。試験合格又はコース履修のどちらを選んでも同じ日本語教師という資格が取得でき、取得方法によって差をつけられることはないので、自分のライフスタイルに合った方法で勉強するのが1番です。

他方で、どちらの方法で勉強しても、すぐに教えるスキルが身に付くわけではないので、学習中からもボランティアやインターンシップなどを行い実際に生徒を指導する経験を積めば仕事を探す際に大変役に立つだけでなく、学習しているないようも具体的に把握できるのでオススメです。

資格を取得してしばらくは教える経験に乏しいので、最初から正社員のフルタイムで日本語教師として活躍することは難しく、パートタイムや家庭教師などの方法で少しずつ経験を積めば、その実績をもとに大手スクールや企業などでの仕事を得られる可能性が高くなります。

教える方法も生徒の日本語レベルや上達を希望するスキルなどによって大きく異なるので、色々な生徒に教えて日本語教師としてのスキルを高めながらステップアップしていくことが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です