日本語教師に必要な資格とは?

日本語教師になるには、どういった資格が必要なのでしょうか。まず、小学校や中高校で教える場合には、教員免許が必要となります。大学や大学院などで教える場合には、日本語学などの専門的な研究の経験があり、大学院修士課程修了といった条件が必要とされています。

プライベートやボランティアで教える場合には、特別な資格は不要です。最近増えている民間の日本語学校で教える場合には、日本語教育能力検定合格や420時間修了といった条件が必要です。

420時間修了とは、全部で420時間以上、日本語教育に関する研修を受けた者に適します。こういった様に、各種の資格がありますが、日本語教師になるためには、どうしてもこれが必要、といった資格は決められていません。必ず受けなければいけない国家試験や検定などは特にありません。

日本語教師として実際に学校などで働いている人は、教える機関によって保持している資格も様々です。学校が日本語教師の募集をする際には、それぞれの機関にあった経験や検定合格者などを応募規定としています。

これから日本語教師として、民間の学校で働きたい方は通信教育で勉強する事も可能です。日本語教育能力検定試験を受けるためのプログラムもあるので、就職の際にも大変役立ちます。日本語を教えるのに年齢や学歴・経験は全く関係なく、初心者の方でも始める事が可能です。

毎日使っている日本語の素晴らしさを伝えて、ご自分のキャリアアップにもなります

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です