日本語講師の養成機関、求人は東京が圧倒的に多い

主に外国人に日本語を教える日本語講師ですが、どのような資格が必要でしょうか。

実は日本語講師には国家資格はありません。そういう意味では資格はなくてもできるのです。だからと言って誰にでも簡単にできるということにはならないでしょう。一般的には日本語講師を職業とするには、その能力を見極めるという意味でいくつかの方法があります。

日本語教育養成講座420時間以上を受講していること、日本語教育能力認定試験に合格していること、大学で日本語教育を専攻し単位をとっていること、その一つもしくは複数が有利となるでしょう。実際には大学で学ぶか、講座を受けながら検定試験に合格するという方法が主流になっているようです。また東京など大都市を中心にいくつかの日本語教師養成学校なる専門学校も存在しています。

では実際に就職するにはどんな場所があるのでしょうか。勿論、外国で日本語を教えるという方法もありますが、日本国内で限ってみると日本語の専門家として大学や日本語学校で日本語を教える、公立の小中学校で外国人の児童生徒に日本語を教える、定住外国人に対しての日本語教育、介護やモノづくり分野で働く外国人に対する教育等々ありますが、外国人に「外国語としての日本を」を教えるということになります。

必然的に外国人が多い東京などでニーズが高いということになります。そのためには多くの知識とスキルを身に着けておくことが望ましく、歴史や文化、衣食住に関する日本の伝統はもとよりアニメ、漫画、芸能情報などのサブカルチャーの分野まで幅広い知識が求められます。正しい日本を知ってもらうための基礎となるものです。

日本語講師の需要もやはり東京など大都市が多いようですが、見方を変えると職業としてその力を活かすのではなく、日本に居住している外国人をサイドから支えるという視点でみれば全国どこにいても力を発揮する場所はあるのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です