日本語教師になる資格とは?

日本語教師は教師と呼ばれていますが、教員免許は不要です。そのため、大学などで教職課程を取得する必要はありません。特別な資格などが定められているわけではなく、日本語学校で実施される採用試験に合格すれば日本語教師になることが可能です。

しかし、誰でも日本語教師の採用試験に合格するかというと、そういうわけではありません。日本語の正しい知識があることはもちろん、指導者としての高い資質も求められます。さらに、ボランティアではなく、企業や大学、有料の語学学校などで指導するとなると、さまざまな条件を満たすことが必要なケースがあります。

条件としてよくあげられるのは、「日本語教師養成講座420時間修了」もしくは「日本語教育能力検定試験合格」などです。これらがあると就職面で有利となり、より幅広く指導のチャンスが巡ってくることになります。なお、これらの講座や検定試験を受けるために、大卒であるなどの特別な資格な必要とされません。

すなわち、誰でも受講でき、試験にチャレンジできるというわけです。また、講座の中には実地での実習も含まれていますので、日本語を指導する練習ができることにもなるでしょう。

日本語教師になるには資格は必要ありませんが、指導方法を学ぶことで、より充実した指導を行えることになります。通学する必要がなく通信教育などで自宅学習が可能なコースもありますので、仕事をしながら勉強したい人にも最適でしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です