日本語教師の資格を取得する際の注意点

日本語教師の資格を取得する方法は大きく分けて2通りあり、規定の時間数の日本語教師養成を受講するか、試験に合格するという方法があります。どちらを選択しても、日本語教師として活躍できる資格は入手できるので、1日に確保できる勉強時間数や自分の勉強スタイルに合わせてどちらの方法で取得するか決めるのがオススメです。

しかし、どちらの場合にも当てはまる注意点もあるので、気をつけることが必要です。まず、日本語教師の資格を取得したからといって、すぐに教壇に立って多くの人に教えるのは大変難しく、雇用主としても教えた経験のある人を求めていますので、勉強をしている時からボランティア活動などを通して日本語を教える経験をするのが良いです。

個人の家庭教師でも良いですし、最近はオンラインで日本語を教えることもできますので、経験としてアピールしやすい方法を選ぶと良いです。また、日本語教師として採用されやすいためには、教えた際に苦労したエピソードなどを伝えると、面接や応募書類の内容が具体化するので、まだ資格は持っていなくとも日本語の先生になったらどのように教えるかを想像しながら経験を積むと良いです。

教師の資格を取得するまでには、約半年~1年程度の時間がかかりますので、経験を積む時間は十分にあるので、勉強だけに集中せず、学んだ内容を現場でどのように活かすのか考えながら学習をすると、仕事を探す際にも有利ですし、勉強にも身が入ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です