日本語教師の資格を取得するオススメの方法

日本語教師として活躍するためには、試験に合格するか、一定期間の養成講座を受ける必要があります。

どちらを選択するかは、時間が確保できるかどうか、その人のライフスタイルや好きな勉強方法によって決めることが重要ですが、どちらが良いか悩んでいるのであれば、養成講座を受講する方がオススメです。

養成講座を受講して資格を取得するメリットは、現役の講師から教え方についてアドバイスを得ることができたり、資格取得後に働く際に必要なテクニックも学ぶことができる可能性が高いからです。日本語教師の仕事は多岐にわたりますので、資格を取得したからすぐにプロというわけではなく、教えながら教師のスキルをアップさせていく必要があります。

日本語教師から直接教えてもらうことができれば、外国人が間違いやすいポイントや、よくある質問などのコツを得ることができ、教師になる前から教え方を学ぶことができるので大変勉強になります。通学型の養成講座であれば、同じ講座受講生と友達になり、目標に向かって頑張るための友達作りもでき、日本語教師になった後も悩みを相談することができる貴重な存在となること間違い無しです。

試験も養成講座も同じ日本語教師の資格を取得できるので、どちらを選択する方が良いという話ではありませんが、迷っているのであれば、養成講座を受講するほうが、現場で必要となるスキルやネットワークが早い段階で簡単に手に入るので、オススメです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です