日本語教師の資格について

近年、国際化がますます進み日本の学校で学んだり就労する外国人も増加傾向です。またオリンピックが開催されることも決定している為、国際化に特別関心がなかった方でも興味を持つ時代となりました。

さて、日本人が英語を学ぶようにに、海外では日本の人気も非常に高いことから日本語を学びたい外国人が多くいるもの事実です。

そのため日本語教師のニーズが求められていることから憧れた方もいらっしゃるのではないでしょうか。さて日本語を教えるには資格が必要なのかというのが始めに気になる部分ですが、実は特別資格を必要としていないのです。しかし当たり前のように使用している日本語ですが、実際に教えるとなれば難しいのが現状です。

その為、日本語教師養成講座を受講し420時間以上の教育を受けること、また日本語教育能力検定を取得する、大学で日本語教育を専攻し卒業していること、以上3つのどれか一つ以上クリアしていることが日本語教師の資格があるとみなされるのです。決してハードルが高いわけではないので、やる気とホスピタリティ精神、異文化への理解を兼ね揃えているのであれば通信教育で学ぶことも十分に可能なのです。

改めて学んだり、日本語教師を経験することによって母国語の奥深さを知り日本人としての自覚や日本語の美しさや大切さに気が付かされる方も非常に多いようです。少しでも興味があるのであれば、まずは学んでみることからスタートしてみてはいかかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です