日本語教育能力検定試験に向けて頑張ってみよう!

日本語教師として、民間の日本語学校やボランティア、家庭教師などとして働きたい。多くの日本語教育機関では、教師を募集する場合に、日本語教育能力検定試験に合格している、または、日本語教師養成講座420時間コースを修了していることを条件としています。

日本語教育能力検定試験では、日本語を教授する知識や現場での実践能力が、水準に達していることを証明します。試験は年に1回行われます。テストは一日間のみで、午前に試験Ⅰ、午後に試験ⅡとⅢが行われます。回答はマークシート式ですが、試験Ⅲのみ一部が記述式になっています。

毎年合格率は約20%程という、かなりの難関です。この様に、大変合格率の低い日本語教育能力検定試験なので、真剣に取り組んで勉強しなければなりません。近くに通える学校が無かったり、お仕事や学校、家事などで忙しい方は、通信教育で勉強されることをお勧めします。

空いた時間にいつでも勉強に取り組む事が出来るので、時間を無駄に使う事がありません。日本語を教えるについての基礎から、言語の歴史や心理学、社会学まで、日本語教育について幅広い分野から学べ、多くの知識を身につける事ができます。

これから日本語を教授したい方や、現在すでに日本語教師として働いている方など、経験に関係なくどなたでも受験する事ができます。年齢や学歴なども一切不問です。やる気さえあれば将来のために必ず役に立つ資格として、現在大変注目を浴びている検定です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です